スプリントレビューでデモしにくい時 → 551メソッド

概要

youtu.be

「UIが無い」などスプリントレビューの参加者にスプリントの成果が見せにくいときのやり方。 成果が「あるとき」と「ないとき」を明確にすることで、何が変わってどのくらい価値が生まれたのかわかりやすくする。

ネタ元

t-and-p.hatenablog.com