tuneの日記

アジャイル開発、組織変革、ファシリテーションについて学んだことの記録

スプリントレビュー

スプリントレビューでデモしにくい時 → 551メソッド

概要 youtu.be 「UIが無い」などスプリントレビューの参加者にスプリントの成果が見せにくいときのやり方。 成果が「あるとき」と「ないとき」を明確にすることで、何が変わってどのくらい価値が生まれたのかわかりやすくする。 ネタ元 t-and-p.hatenablog.c…

スプリントレビューに定型質問を用意する

解説 スプリントレビューに招待された人がフムフム聞いてうなづくだけだったり、大人数で質問が活発が出ないときにあらかじめ汎用的に質問を考えておき見えるところに掲示しておく。レビュー後のディスカッションが盛り上がらなかった時にそれを持ち出して話…

スプリントレビューを配信する

概要 複数チームでスプリントレビューを開催する際の解決策の1つ。 プロダクトオーナー、ステークホルダーを会議室に集め、チーム代表者が代わる代わるスプリント成果のデモを行う。この様子をテレビ会議システムなどを使って配信し、開発メンバはそれを視聴…

バザー形式のスプリントレビュー

概要 複数チームでスクラム開発をするときのレビューのやり方の一つ。 プロダクトオーナー、ステークホルダー、開発メンバが参加し、各ブースに自由に立ち寄ってスプリントの成果を確認し、ディスカッションを行う。 コツ 時間を区切り、ブースの説明員を変…